下北半島の玄関口、野辺地を知りたい!

もしも亀井刑事が野辺地を説明すると・・・・?!

新幹線が新青森駅に到着して、青森駅からかつての東北本線で現在は青い森鉄道になっている電車に乗り換えて、いよいよ目的地の野辺地に到着しました。十津川警部は「やっぱり北国に来たって感じるねぇ~」と東京とは違う涼しさに驚いています。亀井刑事も久しぶりの青森の土地を踏んで、しみじみ東北だなぁ~と感じているようです。

青森出身の仙台育ちの亀井刑事が、どのように十津川警部を案内するのかをイメージしてみると・・・・

“のべじ”でも“のへんち”でもなく“のへじ”

eボーテ本店のデジタル通販では数多くの美容液を取り扱っておりますが、中でも、植物性セラミド配合の美容液でドクターYという商品はオススメです。皮膚科医の先生が開発しただけあってぴったりな美容液でした。
Cupid(クピド) 豊橋では、※急募、一緒に明るく楽しく働いてくれる方を大募集しております!!未経験者大歓迎ですのでどしどしご応募ください。

野辺地観光するならどこ?

野辺地観光をするならどこを紹介するのか気になるところですが、最近の西村京太郎作品はやたらと歴史物に絡める傾向があります。赤穂浪士とか沖縄のユタとかを絡めつつ、鉄道を取り入れた感じの作風がここのところ続いていて、電車トリックはもう使っていない現状なので、もしも野辺地観光をするなら歴史もからめつつの観光になりそうな感じがベストだと思います。

また下北半島の玄関口になるので、野辺地から下北半島へ足を伸ばしていく旅行も思い出に残る旅行になりそうです。なかなか国内ツアーでは十和田はあっても下北半島を巡る的なツアーはなにので、十津川警部のように、時刻表と地図を眺めながら色々な行程を考えると実際に足を運んだ時に、しっかりと記憶に刻める旅になりますね。

ほたて食べたいあなたへ

私達に与えられたの最大のミッションは、お客様のビジネスをWebサイトから活性化させることです。格安ホームページ作成のウェブサクッ!であなたの理想のホームページを作りませんか?

野辺地と歴史

亀井刑事が十津川警部に、野辺地という地名についての話を始めます。

「ところで警部、どうして野辺地(のべじ)という名前になっているかご存知ですか?」と聞くと

「知らないね。何か土地の名前に何かいわれでもあるのかね?」

「警部、野辺地湾が広がっていますがその海の向こう側には北海道ですよ。北海道新幹線が開業したら、新青森と繋がるんですから。」

「そうか、ここは本州のまさに最北端に位置する場所で、北海道が近いとなると北海道にある地名のようにアイヌ語に関係があるのかね?」

「警部、いいところに気がつきましたね。なんでもアイヌ語の「ヌプンペッ」言葉が由来になっているそうです。アイヌ語でヌプンペッという意味は、野中を流れる川という意味で、かなり野辺地は古い時から、野辺地は交通の要所として栄えていたんですよ。」

「なるほど。そうだったのか。確かに海が近い土地柄だから北前船とかを考えると、交通の要所で栄えていたのも分かるね。」

「警部、それと戊辰戦争の時には本州のなかで一番最北にあたるこの野辺地で新政府軍と列藩同盟軍が戦ったんですよ。この野辺地戦争で戦死した新政府軍の27名の名前が刻まれた墓所が、青森県指定史跡としてあるので、もし時間があればぜひ行きたいですね。」

さすが東北出身者の亀井さんだけあって、十津川警部にキチンと説明していきます。西村京太郎作品のお楽しみは、十津川警部と亀井刑事のふたりのやりとりでだんだん十津川警部が、捜査の確信をみつけていくという展開になります。途中からこうだろうな。というのがわかるので、ある意味安心して読めるミステリーですね。初期の頃はかなり社会的な内容にメスを入れた作品が多いのですが、途中あたりから完全に路線は鉄道系になって鉄道系で、新しい電車だったりご当地列車なども登場するので、とっても読みやすい作品になっていますね。

駅を舞台にしたものもあるので、東京駅も新しくリニューアルしたこともありますし、北陸新幹線も開通したので近いうちには北陸新幹線が舞台?!と勝手な予測をしてしまいますが、トワイライトエキスプレスもラストランしたので「さらば!トワイライトエキスプレス」というタイトルで何か発表するのかな。などなども思いますが、とりあえず十津川警部と亀井刑事は野辺地に到着したのでまずは宿でしょうかね。