下北半島の玄関口、野辺地を知りたい!

野辺地がある陸奥湾と下北半島

野辺地の名物といえばやはり海の幸です。ホタテはもちろんですが、やはり陸奥湾にあるので豊富な海の幸が魅力です。陸奥湾の大きさは、東西幅は約40キロメートルで南北長は、湾の東部で長いところで約40キロメートルあります。陸奥湾の中ではいろいろな場所で「ホタテ」の養殖がされていますが、野辺地の名産のナマコも陸奥湾でとることができます。他にも陸奥湾では高級魚のヒラメも陸奥湾でとれます。美味しそうだなぁ~

“のべじ”でも“のへんち”でもなく“のへじ”

現在のホームページやインターネット活用で結果がでていない方必見!ホームページ制作 福岡市 メディアクロスは集客できるサイト作りを心がけております。サイト制作はもちろん、SEO対策もおまかかせください!

下北半島と気候

野辺地はヤマセが吹くだけのことはあって、涼しい場所だからこそホタテの養殖に向いている場所なだけあります。ホタテは冷たい場所ではないと養殖できないので、まさに陸奥湾が最適の場所になりますね。ヒラメといい、美味しい食材の宝庫ですが下北半島の玄関口にあたる野辺地なので、下北半島全部が野辺地のように豪雪自体かというと、太平洋側に面している場所、そして津軽海峡に面している場所とそれぞれ違っています。

下北半島の半島全体が下北半島国定公園になっています。下北半島といえば恐山が有名ですが、恐山のほかにも大間マグロで有名な大間崎があります。大間崎は本州の最北端の場所で、大間のマグロの一本釣りで知られているだけのことは会って、下北半島へ旅したときに訪れる観光地になってきています。大間岬は最北端の岬なので、晴れた日には北海道の海岸を目にすることができます。

下北半島の陸奥湾に面している所の、野辺地町や上北郡横浜町は特に冬場は雪が多い場所になっています。津軽海峡に面している場所は、冬場の津軽海峡から吹き付ける風が大変強くなっているので、降雪量は少なくなっています。

自然豊かな下北半島

霊長類でヒトを除いたニホンザルが、世界中の中でみても一番北に生息していることでも下北半島は知られています。そのほかにツキノワグマそしてニホンカモシカの北限地にもなっています。ちなみに下北半島のツキノワグマ個体群は「絶滅のおそれのある地域個体群」として、環境省からレッドデータブックされています。

他に下北半島で知られているのは、湖水に生息している魚類です。宇曽利湖に生息しているウグイが、強酸性の湖水に生息するしている魚類として知られていますが、このウグイのすごいのは一般的に魚類が生息することができる酸性度の限界を越えている環境の下で生息しているというのが特に珍しい点として上げられます。

下北半島の西部には、国指定下北鳥獣保護区にしているされている場所もあるので自然豊かな下北半島には見所がたくさんあります。

ほたて食べたいあなたへ

チームなどのオリジナルキャップ・販売用のオリジナルキャップ。幅広いお客様からご注文を頂いております。ニューエラやオットーなどの人気キャップブランドの帽子へ刺繍やプリント加工を行います。

下北半島へ行ったら是非行こう

  • 恐山・・・ここはついついイタコの口寄せが気になってしまいますが、ここは那須火山帯の北限にあたる休火山になっています。恐山には噴気孔があって、そこから硫黄ガスが噴出しています。硫黄ガスのために、植物はほとんど育たちません。荒涼とした雰囲気なので「死者の集まる山」だと、思わず思ってしまう風景が広がっています。
  • 仏ヶ浦 ・・・・日本国の名勝に指定されているほか、天然記念物にも指定されています。仏教文化と繋がりがあるので、奇勝には仏さまの名前がつかわれています。
  • 大間崎・・・ 本州の最北端で、大間のマグロで特に有名です。大間のマグロがクローズアップされてから、一気に観光客が増えました。
  • 尻屋崎 ・・・ 先端部に砂丘になっています。下北半島の北東端になっている岬です。ここには一帯に寒立馬(かんだちめ)という馬が放牧されていて下北半島の観光の要所です。