下北半島の玄関口、野辺地を知りたい!

野辺地の郷土料理

ホタテは生でとろける食感がたまりません~~!!ホタテが好きで好きでたまらないなら、一度は野辺地を訪れたくなる素敵なイベントがあります。イベントでは無料でホタテが振舞われますが、イベントで振舞われる「ホタテみそ貝焼」は、ホタテの産地じゃないとこんな贅沢な食べ方はできないだろうな。というような豪快や焼き方です。なんと1000人分のホタテ貝焼を一気に焼き上げるというから、すごいですね。美味しそうな「ホタテみそ貝焼」です。

陸奥湾で取れるホタテは、他の海のホタテと一味違います。陸奥湾は津軽半島と下北半島に囲まれていること、そして八甲田山系から注がれる河川水にかなりのミネラルが含まれているので、ホタテのために嬉しい栄養豊富なプランクトンになります。ホタテは栄養豊富なプランクトンを餌にしているので、とっても甘くてプリップリの食感になってあまーくそして美味しいホタテに成長します。他の産地よりも、甘味グリコーゲンが多いのにはそのような理由があるんです。

トロッとした食感に、甘みを感じるホタテは刺身でも美味しいのはもちろん、蒸したり焼いたりといろんな食べ方がありますが、「ホタテみそ貝焼」はそのままホタテを丸ごと網の上で焼くかなり豪快な焼き方ですが、プリプリの食感に熱々のホタテと最高の味わいなので野辺地を訪れたときは食べておかないと、勿体ないです。

“のべじ”でも“のへんち”でもなく“のへじ”

歴史ある町だからこその郷土料理

やはり郷土料理を食べないと、旅の楽しみのひとつです。郷土料理には土地の歴史がいろいろ込められているからです。そしてもちろん土地の名産も郷土料理には入っています。ホタテの産地なので、ホタテはかなり食べていると勝手に思っていますが、陸奥湾でとれるナマコとかヒラメとかを考えると刺身や酢の物を連想しますが、野辺地はかつて大阪と船で輸出していた歴史もあるので海産物以外にも郷土料理があります。

ほたて食べたいあなたへ

茶がゆとケツメイ茶

奈良・和歌山・三重ではむかしから常食となっていた「茶がゆ」が野辺地の郷土料理であります。茶粥文化というのが野辺地で広がっているのは、やはり大阪からの船を通じての食文化が伝えられたからでしょう。そして野辺地の郷土料理の「茶がゆ」ですが、昔から今も「カワラケツメイ」という草花を乾燥させて、乾燥されたものをさらに炒ったものが使用されています。

野辺地の茶がゆの作り方は、煮たカワラケツメイを布でこします。そして煮汁で水切りした米を炊いて、茶がゆにします。奈良県などで「茶がゆ」が昔から食べられているだけに、遠く離れた下北の野辺地で茶がゆが郷土料理となっているのがとても意外に感じます。なんでも「茶がゆ」の歴史はかなり古くて、聖武天皇の時代から伝わっていますが、北前船で茶がゆが西日本から東日本へ伝わったと考えられています。

なんといっても野辺地の「茶がゆ」が他の土地と違うのは、薬草のカワラケツメイを使って作るという点です。野辺地のあたりでよく飲まれている薬草茶がケツメイ茶ということもあって、「茶がゆ」を作るときにもつかわれていますが、カワラケツメイは整腸作用や利尿作用があるので、肝臓そして胃腸にとてもよく効く薬草茶として愛飲されています。

ケツメイ茶で作られた「茶がゆ」はこの地区では、お正月明けに食べられることが多いのですがお正月といえばなにかと飲んで食べてと胃腸を酷使しています。正月明けに疲れた胃袋や肝臓を整えるという意味でも「茶がゆ」は野辺地に密着した食べ物になっています。そしてケツメイ茶も、お土産品として好まれる健康茶です。かなり昔から茶がゆにして好まれたケイメイ茶ですが、最近ではいろいろな用途でケツメイ茶を取り入れることができるように、クッキーの生地に練りこんだりプリンの材料として使ったりといった工夫もされています。

他にもいろいろな効果があることが分かっていますが、ポリフェノールの量が他の野菜に比べて特に多いという点があります。なんでも空海が健康維持のためにケツメイ茶を飲んでいたとかで、空海が全国を行脚したときに、ケツメイ茶のことも一緒に全国に広がったとも言われています。疲れ目にも効くという眼精疲労や充血にも効くので、かなりオールマイティな薬草茶です。