下北半島の玄関口、野辺地を知りたい!

野辺地戦争とは?!

野辺地を戦場にして戦争があったのが明治元年の9月23日のことでした。この戦いは戊辰戦争もしくは会津戦争の戦いのひとつでもあります。野辺地戦争と言われていますが、かなり大掛かりな戦争というものではなかったようで、小規模な局地戦になったのが野辺地戦争です。ちなみに野辺地戦争の場所になったのは馬門村つまりまかど村です。野辺地村が発足したのは、明治22年に町制が施行されたことで、馬門村・野辺地村・有戸村が一緒に合併して「野辺地村」になりました。かつて戦いがあった場所は、施行前の馬門村のときのことです。

“のべじ”でも“のへんち”でもなく“のへじ”

どうして戦争になったのか?!

野辺地戦争で勝利となったのは盛岡藩と八戸藩です。負けたのは弘前藩と黒石藩です。ちなみに勝利を収めた盛岡藩ですが9月20日の時点で、奥羽越列藩同盟側だったため新政府に降伏していました。そして新政府から降伏が受入れられたのが22日です。ところがどうして23日に新政府側の弘前藩と黒石藩の連合軍が、野辺地に侵攻したのでしょうか?!降伏が受け入れられたのに、どうして侵攻したのかなにか背景があると思われます。

ほたて食べたいあなたへ

二重外交の弘前藩

月がさかのぼること2ヶ月ほど前の7月13日のことです。弘前藩は奥羽越列藩同盟を脱退することを藩内に通知しました。そして15日には、弘前藩も久保田藩に続いて奥羽越列同盟を脱退していました。

久保田藩のほうでは、仙台藩の使者を殺害してしまったために、久保田藩の領内では戦場となってしまっていたので、弘前藩のほうでは先に脱退した久保田藩のような失敗はしないようにしていました。そのために、奥羽越列同盟を脱退したあとも、久保田藩の方では公然と奥羽越列藩同盟と敵対することがないような弁解を用意した状態で、弘前藩では中立だという立場にするように準備していました。

ところが実際にどうだったのかというと、新政府側への支援で久保田藩に出兵していました。この出兵のことを8月14日に久保田藩は、盛岡藩新渡戸伝蔵に詰問されていますがもちろんこの詰問に対して「事実無根である」と否定します。その一方でしっかりと弘前藩のほうでは、同盟側の庄内藩へも兵を援助としてだしたうえで、庄内藩から盛岡藩は弘前藩へ攻め込まないよう依頼してもらうことにも成功しました。

ところが盛岡藩には矛盾が直面します。盛岡藩が掴んでいる久保田藩への援助疑惑。でも弘前藩が同盟に味方しているという事実。けれどもその一方で、約束を違えて国外に出兵していること。という弘前藩のいろいろな矛盾をしるにつれて、もちろん盛岡藩のほうでは困惑します。当然ながら盛岡藩のほうでは、「弘前藩の誠意は疑うべきだ。弘前藩へ攻め込むべきだ!」という意見も出てきます。

そしてその意見を出すのも、目付役から出るほどでしたが、弘前藩は久保田藩の領へ出兵していた事実もあったことから、盛岡藩が弘前藩へ出兵するというのは見送られることになりました。

結局盛岡藩はどうなったのかというと、秋田方面へ侵攻することに専念することになりました。そして秋田方面に侵攻した盛岡藩は、やがて大館城へ迫ります。そして大館城の陥落を目前にまで迫る侵攻ででした。攻め込まれた大舘城の方はどうしたのでしょう?!

すると大館城の城代の佐竹義遵(後の佐竹大和)は、救援要請を弘前藩へ向けます。確かにどんどん盛岡藩に攻め込まれたので、救援要請を弘前藩へと向けます。弘前藩のほうでは、この要請に応じたかというと、その答えはNOです。弘前藩のほうでは、秋田で大館を攻め入れている様子を見て、これは大館城の要請を聞くだけムダだとでもおもったのでしょう。結局兵を出すことはなかったので、その結果大館城は陥落しました。

二重外交をやってのける弘前藩ですが、大館城に弘前藩のほうから出兵はしませでしたが、久保田藩に大館城を攻めこむ直前に、鉄砲を百挺そして弾薬の1万発という軍事援助をしています。大館城の攻防戦に参加していたのは、一部の部隊ではありますが弘前藩も参加していました。弘前藩の一部の部隊が布陣したのは、池内村の周辺に布陣しています。南部藩に大館城が攻略されると、どうなったのかというと弘前藩のほうでは部隊を撤退させるだけではなく、藩境の久保田藩領にある陣馬村に弘前藩の部隊を駐留させました。

それから9月に入ると、東北の各地のほうで新政府軍の旗色がよくなると、大館城を奪還する新政府軍へ弘前藩は使者を送ります。そして「兵備が整ったので兵を派遣したい」新政府軍へ弘前藩も参軍する意志を伝えます。これでようやく弘前藩は、公然と新政府に弘前藩からの兵を出兵しましたが、今までの経緯があるので弘前藩の旗色を明確にする必要があったからです。弘前藩の旗色をはっきりと明確にさせるために、兵を出すという軍事行動が必要でした。